みんながうれしいウォーターサーバー

puhha特集コンテンツ

2024.01.23 ウォーターサーバー

費用はお水代のみ?レンタル料無料のウォーターサーバーの仕組みを解説

  • 更新日:2024年05月31日

「ウォーターサーバーはレンタル料が無料のものがあるみたいだけど、どういう仕組みになっているの?」「費用がかかるのはお水代だけ?」と疑問に思われる方は少なくないかもしれません。
簡単に言えば、サーバーが無料でレンタルできるかわりに、毎月のお水代がかかり、その他にも初期費用や契約期間内に解約する場合の違約金といった費用がかかることがあります。
今回は、サーバーレンタル無料のウォーターサーバーを利用する際のその他の費用をまとめました。ウォーターサーバーの導入をご検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

ウォーターサーバーレンタル料無料の理由とは

ウォーターサーバーのレンタル料が無料なのは、定期的にお水を購入することが条件であることが大半です。たとえば、水道水をろ過するタイプの浄水型ウォーターサーバーの場合はサーバー利用料金やフィルター代がかかりますが、専用のボトル水を定期購入するタイプのウォーターサーバーの場合はお水代がかかる代わりにサーバーレンタル料を無料にするメーカーが多くあります。

無料でも、かかるお金はある

サーバーレンタル料は無料のウォーターサーバーでも、利用する際にかかる費用があります。

ウォーターサーバーのコスト①初期費用

ウォーターサーバーを導入する際に、登録費などの初期費用がかかる場合があります。ほとんどのメーカーでは、初期費用は無料ですが、有料のメーカーもあるため申し込む前にチェックしておきましょう。ウォーターサーバーpuhhaは入会金・初回登録手数料等は一切かかりません。

 

ウォーターサーバーのコスト②お水代

無料のレンタルウォーターサーバーを導入して、実際にかかる代金の大半がボトルのお水代です。
お水代は契約した量と追加注文した分だけが請求され、お水の種類やブランド、メーカーによって価格が異なり、配送料がかかる場合もあります。
ウォーターサーバーpuhhaの場合、お水の料金は天然水9.5リットル✖️2本で税込3,350円(500ミリリットルあたり税込88円)で、配送料は無料。さらにビックカメラグループで使用できる「ビックポイント」も付与されます。

ウォーターサーバーのコスト③維持費

 

ウォーターサーバーには維持費がかかります。維持費とは、サーバーの定期メンテナンスや清掃などです。メンテナンス費用は、月々の利用料金に含まれている場合もありますが、別途費用がかかるメーカーもあります。
そのほかの維持費として、電気代もかかります。電気代は各メーカーの機種や使用頻度、使い方によって変わりますが、省エネモードが搭載されているかどうかもチェックしておきましょう。

 

<puhhaの便利なpoint①>

puhhaの場合、自動学習機能でメンテナンスしてくれる高温循環クリーン機能が搭載されています。サーバー内は週に一度、自動でタンクと水回路全体に高温を循環させて、高温循環クリーン作業を実施。使用状況を把握し、使わない時間を学習し、自動高温循環を行います。

<puhhaの便利なpoint②>

サーバー内部以外の水受けトレーは、角ではなくアールになっており、汚れが取れやすいよう設計で、日々のお手入れが簡単です。

<puhhaの便利なpoint③>

ボトルを差し込んでボトルを支える部品(ボトルガード)を取り外して、ボトル差し込み周辺部を拭けるような構造になっているので、ボトル交換毎に簡単にお手入れができます。

 

ウォーターサーバーはコストがかかるがタイパが高い!

 

レンタル料が無料のウォーターサーバーは、お水代や維持費といったコストはかかりますが、その対価として得られる快適さには定評があります。ウォーターサーバーはタイパ(タイムパフォーマンス)が高く、一度導入すると、その快適な生活がやめられない「沼家電」と言われることも。重たいミネラルウォーターを購入して運ぶ時間や、お湯を沸かしたり、冷蔵庫で冷やしたりする時間も不要!
ウォーターサーバーはお水代だけでなく、他にも費用がかかる場合がありますので、契約の際に十分確認して選ぶことをおすすめします。

 

レンタル料無料のサーバーはその他の費用を把握して上手に運用!

サーバーレンタル料が無料のウォーターサーバーでも、その他にお金がかかることがおわかりいただけたと思います。お水代や維持費のほかに、初期設置費用や解約時の手数料など、特定の条件下で発生する料金が存在することもありますので、契約前にしっかり確認しておきましょう。
サーバーレンタル料無料のウォーターサーバーにおける費用を把握し、ご自身のニーズに合ったウォーターサーバーを検討してみてください。

ウォーターサーバーpuhhaはサーバーレンタル料と配送料、入会金・初回登録手数料が無料!お水を飲みきれなかったときは無料でスキップすることもできます。
ぜひこの機会に、ウォーターサーバーを比較してみてください。

※定期配送分は60日未満の期間であれば0円でスキップできます。

あわせて読みたい