みんながうれしいウォーターサーバー

puhha特集コンテンツ

2023.10.31 ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの値段は月々いくら?簡単な料金シミュレーションつき!

  • 更新日:2024年05月31日

ウォーターサーバーを導入したいけれど、月々の費用がいくらくらいかかるのかよくわからないという方が多いようです。ウォーターサーバーにかかる費用はメーカーやご家庭の利用状況によって異なるため、一言で「このくらいの金額」とは言えません。
この記事では、ウォーターサーバーの費用について詳しく説明します。ご自身の世帯がいくらくらいになるか簡単に計算できる料金シミュレーションつき!家庭ごとに最適なプランを見つける参考にしてみてくださいね。

 

同じサーバーでも家庭によって費用差がある

ウォーターサーバーにかかる月々の費用は、各ご家庭の使用状況によって異なります。家族構成によって使用するお水の量に差があることや、各メーカーごとにプランやオプションがあるためです。以下では、ウォーターサーバーの基本的な費用を説明します。

ウォーターサーバーのコスト1:初期費用

サブスクリプションの家電は設置などの初期費用がかかるものがあります。ウォーターサーバーの場合は初期費用が無料のサービスがほとんど。ただし、設置に費用がかかるものもあるので必ず確認しておきましょう。

ウォーターサーバーのコスト2:サーバーレンタル料

ウォーターサーバーの利用には、サーバー本体のレンタル料がかかることがあります。この料金もメーカーや各社プランによって異なりますが、かかる場合は大体1,000円未満です。一部のメーカーは、サーバーレンタル料を無料としていることもあります。

ウォーターサーバーのコスト3:お水の代金

ウォーターサーバーの水ボトルは交換が必要です。水ボトルの交換頻度やボトルのサイズによって料金が変動します。

 

ウォーターサーバーのコスト4:電気代

ウォーターサーバーは電力を使用しますので、使用した電力に応じて電気代が発生します。使用状況によって異なりますが、大体600円〜2,000円程度です。省エネ型のサーバーを選択することで、電気代を節約することができます。

ウォーターサーバーのコスト5:配送料

配送料は無料としているメーカーがほとんどですが、一部かかる場合もあるため必ず確認をしておきましょう。

ウォーターサーバーのコスト6:メンテナンス料

ウォーターサーバーの契約時に、メンテナンス料や解約手数料などの追加費用を忘れずに確認しましょう。これにより、全体の費用を正確に把握し、予算に合ったウォーターサーバープランを選択できます。

 

うちの家族構成なら?料金計算シミュレーション

どのくらい使うかわからないし、メーカーによってプランが違って計算ができない!そんな時は、ウォーターサーバーのコストを計算できるシミュレーターを活用してみましょう。

以下のリンクからは、puhhaの料金シミュレーションが可能です。

 

料金シミュレーション

たとえば、家族構成が大人2人で、飲み水のみの場合は……

簡単に計算結果が出ました!ボトルを何本消費するかまで予想できるので便利です。

大人2人で、飲み水とお料理にお水を活用する場合は……

お料理に使うのは水道水でも良いご家庭の場合は、お水の料金が少なくなるためローコストで使うことができそうですね。

実際に計算してみよう!

料金シミュレーション

puhhaだとさらに嬉しいポイント還元!

ビックカメラグループのウォーターサーバーpuhhaをご利用いただく場合、ビックポイントサービスが付与されます。1ポイント=1円でビックカメラグループのお店やECサイトで使うことができます。

※ビックポイントは、puhhaのお水代にはご利用いただけません。

ウォーターサーバーのコストを把握して最適なサービスを選ぼう

 

料金シミュレーターを使ってみると、ご自身の家庭でどのくらいのお水を使うのかが自動計算できてわかりやすくなります。使う量の目安が決まれば、各メーカーのプランの比較もしやすくなりそうです。

puhhaの料金は、初回の手数料やサーバーレンタル料、配送料などは一切不要で、必要なのはお水代だけ!もしも、お水が飲みきれなくても前回配送日から60日未満であればスキップ料0円!

さまざまなプランやオプションがあって比較が難しい場合は、料金体系がシンプルなpuhhaをぜひご検討ください。

あわせて読みたい